So-net無料ブログ作成
検索選択

地震について想うこと

まず、この度の地震によって被災された皆様方に、心よりお見舞い申し上げます。

2011年3月11日
東北地方で未曾有の大地震がありました。
私はその時、羽田空港に向かう電車の中におりました。
ちょうど穴守稲荷を過ぎたあたりだったでしょうか。
車内においても、常識を超えた揺れを感じることができました。
その後、電車の運行は停止し、歩いて羽田空港まで行きました。

目的の飛行機は欠航となり、その晩は、羽田空港にとどまることとなりました。
その後、報道で知ったところによると、その日、羽田空港には、1万人を超える方々が
居たことがわかりました。

私は仕事がら、各地に知り合いがいます。
仙台をはじめ、東北地方に数十人の知り合いがいます。
彼らの安否はようやく最近になって、ほぼ把握でき、ほとんど、生命に別条がないことが確認できました。
地震当初には、そういう状況から、あちこちの方から、安否の確認の電話やメールを頂きました。
不謹慎かもしれませんが、ああ、多くの人から想われているなと痛切に感じました。

また、一方で、東北の方々へ連絡するために、携帯番号を教えてという電話も数多く頂きましたが、
それは、全て断りました。
その代わり、仕事先のメールアドレスのみ伝えました。
そのココロは、仕事先でメールを確認できるぐらいであれば、無事なのだろう。
その返信が来ない場合は、それどころではないのだろう。

少なくとも被災した地域において、停電している状況で、携帯電話が命綱になりうることを考えたとき、
みだりに、自分の心配する気持ちを満たすだけの、電話はすべきではないという想いでした。

幸いにも、私の知己達は、無事でした。


さて、この未曾有災害です。
現在、関東地方に住む私の近辺では、意味もなく(少なくとも私にはそう思える)、モノがなくなっています。
揺れは大きかったものの、さしたる被害が出ていない地域であるにも関わらずです。

考えさせられます。

現地の情報を、テレビ等の媒体によってしか、知り得ない私ですが、その甚大さは、想像をはるかに超えるものです。被災された方々の苦労を、想えば、それが、当事者のレベルには到底及ばないまでも、つらく、厳しいものであることは容易に推察できます。

その時に、さしたる被害が出ていない地域の人々が、なぜにこうも、あわてるのか、なんとなく、やるせない気分です。

連休は、待機でしたが、明日からは、復興支援のために、後方支援でしかありませんが、会社の物資支援の仕事をすることになりました。

すでに一生分の頑張りをなさっている方々に、少しでも、お役に立てるよう、恥ずかしいくらい微力で、非力ですが、想いだけは、たっぷりとこめて、私のできることを為したいと思います。

これから、春となり、それでも桜は咲くでしょう。
この桜を、必ずいつかは、晴れやかで、落ち着いた気持ちで愛でれる日が、被災された方々にきっとくることを祈念したいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。