So-net無料ブログ作成
検索選択

MITTOMONAI

MITTOMONAI

ノーベル平和賞を受賞した、マータイさんではないですが、身近なところからこの「MITTOMONAI」を広げて行きたい気分の毎日です。

みっともない・・・見とうもないが転じた言葉のとおり、見ていられない、見たくないぐらい醜悪だったり、格好が悪かったりというときに使う言葉です。

日本人の美徳の一つに勿体無いがあるなら、この「みっともない」も立派な美徳ではないでしょうか。周回遅れ気味の記事ですが、1/26の天声人語から。

asahi.com :朝日新聞今日の朝刊-天声人語
【天声人語】2006年01月26日(木曜日)付

前原民主党代表が23日の国会で、自民党は堀江貴文ライブドア前社長を「衆院選の票寄せパンダ」に使ったとただした。小泉首相は、捜査と選挙の応援とは別の問題だと答えた。その夜、堀江前社長が逮捕された。翌日になると、首相は「不明だと言われれば、それまでですけどね」と述べた。

ところが、この一言ではとどまらなかった。「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」

昨日のこの欄では、「マスコミはどうですか。すごく持ち上げたじゃないですか」という公明党の幹部の発言について、こう書いた。「すんなりうなずくつもりはないが、取材相手との距離をどう取るか、メディアは常に問われている」

目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。教訓とすべきものもあるだろう。しかし「ホリエモン人気」を票集めの広告塔や「刺客」として利用したその党の総裁が、メディアの方に矛先を向けたのには少々驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。

見過ごせないのは、自民党が一方的に「ホリエモン」を利用したのではないことだ。ライブドアの側も、自民党という巨大な後ろ盾を、「世界一」の会社に膨らませるために利用しようとしたはずだ。それはまるで、票と金を狙う共演に見えた。

首相には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか

はい、みなさん、この分のボールドのところは重要ですよ。え、何?
殆ど全部だって、どれどれ、あらホントだ。

って言いたくなるのほど、短文に客観性を欠いた駄文が全国に配達されていることに社説子は恥ずかしいなどとは思わないのでしょうか。思わないでしょうねぇ。

>前原民主党代表が23日の国会で、自民党は堀江貴文ライブドア前社長を「衆院選の票寄せパンダ」に使ったとただした。

自民党が接触した翌日に岡田氏もホリエモンと接触して候補者として立てることを断念したんでしたよね。断念というよりも袖にされた感じでしたが。使えるものなら民主党こそ使いたかったでしょうに。ま、仮にそれで民主党の得票が伸び、議席も伸びたとして、岡田氏や前原氏など執行部はどういう責任をとったでしょうか。

候補者ではなく、当選議員にシャブ中や弁護士法違反の弁護士がいたことに未だ党として明確な責任はとらず、離党させればだんまりの党が偉そうなこというな、「MITTOMONAI」よ!って感じです。
勿論、夢見がちでどうでもいい野党と政権与党のそれに違いはあってしかるべきでしょうが、それを追求してどうするんでしょう?色々な案件を処理しなければならない、通常国会でこんなことに時間を割いて予算審議を拒否したり引き伸ばしたりすれば「厄介者」ぶりに拍車がかかると思いますがね。

>首相は「不明だと言われれば、それまでですけどね」と述べた。

そう、「不明」。もし首相に責任があるならそれぐらいではないですか。「勝たんがため、民主党に出し抜かれないように拙速だった。」ぐらいなもんでしょ。

広島の狂犬亀井君(広島の方々に悪意はありませんのでご容赦を)にぶつける相手ですからね。それなりの知名度がないと勝負にならないということで、負けてもダメもとの擁立だったのではなかったのでしょうか。
自民党の選対に、どれほど勝算があったのか、私は4分6で勝ちぐらいだったのではないかと睨んでいます。

カメイ君は、自民から離れた時点で負けなのですが、それでも圧勝しもし、比例区で少しでも議席を伸ばせば、よろしくない。例え当選してもあのカメイが満身創痍でやっと勝ったぐらいがちょうど良かったのではないでしょうか。

>この一言ではとどまらなかった。「あのメディアの持ち上げ方、何ですか。自分の持ち上げ方を棚にあげて、改革まで私の責任と批判している」

昨日のサンプロで田原氏が04年の朝日の記事を幾つか紹介しながら、天下?の朝日が大絶賛していたことを紹介していましたが(朝日の批判じゃないよってしつこく言っていたのは笑えました)、それぐらい思いっきり肩入れし持ち上げていたのは、首相に限らず多くの人が感じたのではないでしょうか。

ホリエモンに夢を託したのに裏切られたなんて言う人がいますが、誰を信じ、何を信じるのもこの国では自由ですからあんなヤツを信じるなとも信じろとも強制はできません。そのかわり、信じて裏切られたってそれは「自己責任」でしょう。

朝日だって、ホリエモンを散々持ち上げて少なくない?読者に夢を見るきっかけを作ったとしても、「信じる」「信じない」は個人の問題ですって言うでしょうし、朝日に厳しい私とてそうだと思います。

ただ、公人たる首相はダメだというなら、日頃国民の知る権利を代弁するなんて大上段に構え、一民間営利企業のくせに社会の公器を気取るなら、朝日新聞だって批判・非難にはしっかりとこたえなければならないでしょう。

それができないなら、偉そうなご高説を垂れ流しても誰も見向きもしないってことを自覚して、単なる情報のソースに徹して欲しいものです。

>「すんなりうなずくつもりはないが、取材相手との距離をどう取るか、メディアは常に問われている」

批判されても、非難されても「すんなりうなずくつもり」がないほどしっかりと検証したり管理した情報を提供しているつもりなのでしょうか。
そういう点では、首相の態度の方がまだ潔いと言えるでしょう。

取材相手との距離を常に問われていることは自覚していながらも、常にその距離を適正に保つことができないでいるというのが朝日だけではなく、マスコミと言われる連中の実態でしょう。
高尚、高邁な理想を掲げても、何一つ実践できないのでは、ハナからそんなこといわなきゃいいのにって思ってしまいます。

>目に余るような持ち上げ方をしたかどうかは、それぞれのメディアが自らの責任で省みることだ。教訓とすべきものもあるだろう。しかし「ホリエモン人気」を票集めの広告塔や「刺客」として利用したその党の総裁が、メディアの方に矛先を向けたのには少々驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。

候補者として擁立する過程に問題はなかったのか、候補者としての適性に問題はなかったのかは、それぞれの党が自らの責任で省みることだ。
教訓とすべきものもあるだろう。しかし「ホリエモン人気」を視聴率稼ぎの広告塔として利用したマスコミの社説子が、首相の方に矛先を向けたのには驚いた。それこそが「棚にあげて」ではないだろうか。

自分達の言葉で自分達の立場をここまで苦しいものにしてしまうこの社説子はひょっとして「マゾ」?って思いたくなるほどです。

田原総一郎が言うように朝日やテレ朝はホリエモンにびったりだったんですよね。民主党もgoriさんのエントリでは相当肩入れしていたようです。

この「MITTOMONAI」人達がもし、自分達の過去の言動に関して真摯に
「確かに私達も彼には期待した、既成概念を打破してくれる救世主なんて持ち上げたりもした。だから現下、こういう事態になったことは不明の謗りを免れるものではないことは十分認識している。」

「しかし・・・」という展開で首相としての責任(どういうものになるかは分かりませんが)を追求するなら理解のしようもあります。たとえその追求が明後日の方向を向いていても。追求する方がされる方と同じことをしていては何の意味もないでしょう。

>見過ごせないのは、自民党が一方的に「ホリエモン」を利用したのではないことだ。ライブドアの側も、自民党という巨大な後ろ盾を、「世界一」の会社に膨らませるために利用しようとしたはずだ。それはまるで、票と金を狙う共演に見えた。

ああ、上の文章も変換可能ですね(笑)。マスコミの場合は「金」と「金」の関係ですがね。

>首相には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず口をつぐんでしまう傾向があるようだ。今回も責任の転嫁で終わってしまうのだろうか

これまた(笑)。

朝日新聞には、問題を追及された時に、ちゃんと説明せず誤魔化す、論点をすりかえる傾向があるようだ。今回も論点のすり替えで終わってしまうのだろうか。

惜しいかな。この社説子は周りのことはよく見えているようですが、それと同じである自分の姿だけは全然見えていないようです。

人を質して悦に入っているけれども、実際は自分の首を絞めている。
これこそ、

MITTOMONAI!の極地です。

いい加減気づいたら?

 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 3

閣議決定を勝手に変える大臣がいるんだから
本当にみっともないですな。
「アメリカの責任」と突っぱねていた首相も、またみっともない。
by (2006-01-30 22:21) 

cityofkalz

はじめまして。カルズという者ですm(_ _)m

自分を省みる事のできない新聞社。
これが現在の朝日新聞なのかもしれませんね…

『全部自分は悪くない。○○が悪いのだ!』
こういう事を言っているから評判が落ちているという事にまだ気づかないんですかね…それとも評判が落ちているのも、自分ではなく誰かが悪いのですかね^^;
by cityofkalz (2006-01-31 00:15) 

abusan

拙ブログでも取り上げた上に思わず読売新聞にまで
メル突してしまった程に酷いコラムでああいった傲慢無責任
な態度が読者新聞不信を招くと私は断言します。

案の定、読売新聞と毎日新聞は確かに小泉首相は不明
を恥じるべきだが、メディアも不明を恥じるべきだと言った
記事を出し、読者に誠意を示しましたが朝日新聞は案の定
未だに読者に対する不信感に対する対応は殆ど見られ
ません。

かつて大朝日とまで言われていた新聞も今は世界最凶
の低俗ゴシップ紙にまで転落した事を改めて示すもの
ですね。こんな新聞を愛読する我が後輩が不憫で
なりませんな。(__;)
by abusan (2006-01-31 07:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。