So-net無料ブログ作成

とんだ天の声だね [2005年6月]

とんだ天の声だね

これまた1週間ぐらい前の記事ですが、天声人語の盗用疑惑についてエントリしたいと思います。これは珊瑚記念日と同じで記録に残す必要があると思いましたので。

asahi.com: 朝日新聞社の勝訴確定 「天声人語」訴訟 - 社会

朝日新聞のコラム「天声人語」に関する「週刊新潮」の虚偽の記事で信用と名誉を著しく傷つけられたとして、朝日新聞社が同誌を発行する新潮社に損害賠償などを求めた訴訟で24日、朝日新聞社の勝訴が確定した。最高裁第二小法廷(福田博裁判長)は同日、新潮社に500万円の支払いを命じた二審・東京高裁判決に対する同社の上告を受理しない決定をした。

第二小法廷は「新潮社から上告受理の申し立てがあったが、上告審として受理すべきものとは認められない」と述べた。

問題になったのは週刊新潮03年2月20日号の「インターネットから『盗用』していた 朝日の看板コラム『天声人語』」と題する記事。01年の2本の「天声人語」について、ネット上のコラムなどから盗用した、と書いた。

朝日新聞は5000万円の損害賠償などを求めて提訴。東京高裁は今年3月、「2本とも盗用ではなく、週刊新潮の記事は真実ではない。真実と信じた相当の理由もない」と判断。新潮社はこれを不服として上告受理を申し立てていた。

>朝日新聞のコラム「天声人語」に関する「週刊新潮」の虚偽の記事で信用と名誉を著しく傷つけられた 

著しく傷つけられるほどの、信用や名誉が朝日新聞にあったとは意外ですが、
「国際女性法廷」に関する「朝日新聞」の虚偽の記事で政治家の信用と名誉を著しく傷つけたことは、スルーでしょうか?
そういやNHKを提訴するとか何とか、喚いていましたけど。あれ、どうなったんでしょうね。 
他者に対しては昂然と批判し追求するが、自分達にそれを求められれば頬かむりして煙に巻こうとする。信用なんて言いますが、他者に傷つけられる前に自分達で貶めていることが理解できないんでしょうね。

>朝日新聞社の勝訴が確定

新潮の記事に対する訴訟には確かに勝つことができたのでしょう。一審の判断とは、高裁も最高裁も異なりましたが。
最高裁で認められたから、一切の嫌疑は晴れたと朝日は言うでしょう。最高裁でそういう判決が出たのですから当然です。私もそう思います。
ところで、朝日新聞やサヨクの人達は、判決も都合によって解釈を変えますよね。最高裁の決定に不服で、地裁の判決が好ましい場合などは地裁の判決をして良心的なんていいませんかね。
判決に直接関係ない傍証まで持ち出して自分達の主張の正当性を喧伝しませんかね。

彼らが日頃、使う手段を用いれば、本件も同じように言えます。
だって地裁では疑惑のコラム2本のうち1本については

「偶然に一致したとは思えないほど酷似しており、盗用と信じても無理がない」と指摘

として片方だけ名誉毀損としたのですから。
私が四の五の言うよりも本件について丁寧にまとめられたHPを見て頂くのがよいでしょう。
参考→検証、朝日新聞天声人語の盗用疑惑!

>新潮社に500万円の支払いを命じた二審・東京高裁判決に対する同社の上告を受理しない決定

>朝日新聞は5000万円の損害賠償などを求めて提訴。

5000万円の損害賠償とは大きく出ましたね。武富士から貰った額と同じですね。5000万円というのは、朝日にとってはデフォなのかもしれませんね。

>週刊新潮03年2月20日号の「インターネットから『盗用』していた 朝日の看板コラム『天声人語』」と題する記事。01年の2本の「天声人語」について、ネット上のコラムなどから盗用した、と書いた。

上記参考HPを見ていただければ、偶然の一致とは考え難いことは明らかです。盗用でないとしても「無断借用」の謗りを免れることはできません。
「天声人語」とは、「天の声を人が語る」という意味でしょうか?
彼らは当該HPのコラムを見ないで、それと同じ構成の文章を作ることができるのでしょうか。
裁判に勝ったことをもっても、彼らにかけられた嫌疑は払拭できたとは言えません。むしろ、「盗人猛々しい」という感じを受けるのが普通ではないでしょうか?
卑しくも文筆行為を持って生計を立てているものであれば、酷似した内容のコラムを書いて盗用を疑われるということだけでも恥ずべきことではないのでしょうか。
盗用でないとしても「李下に冠」を正すようなことをして、その不明を恥じないのは、自ら筆を折るに等しい行為ではないかと思います。
新潮が指摘したことに行き過ぎがあったゆえの勝訴ということで、失った信用は回復できないと私は思います。失うだけの信用があればの話ですが。

>「2本とも盗用ではなく、週刊新潮の記事は真実ではない。真実と信じた相当の理由もない」

盗用でないと断じたこのくだりですが、欠けていると思える言葉を足すと次のようになります。

「2本とも盗用ではなく、週刊新潮が、その記事で天声人語が他のコラムを盗用したとするのは真実ではない。また、週刊新潮がそれを真実と信じるに足る相当の理由はない」

ってところでしょうか。
朝日新聞としては、この勝訴で盗用疑惑さえも払拭したかったのでしょうが、この判決で言われたのは疑惑を真実とするには足らないというだけで、その疑惑が完全に晴れたことを指すものではありません。

TBSで盗用事件があったときは、その編集長はその罪を認めて処分されました。朝日のそれに比べれば確かにあからさまで弁解の余地はなかったかもしれません。
が、朝日のそれとて、盗用と疑うには十分なほど酷似しています。それを盗用でないとシラをきり通し、文筆を生業とするものが、その疑惑を筆で払拭せず法廷に持ち込むことの見苦しさは報道機関として自らその命脈を絶ったと言うべきではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 4

ALBION

こんばんわ。
まあ最近連戦連敗(不戦敗あり)で最も信用できない新聞としてTOPに君臨する朝日新聞がひさしぶりに勝ったニュースなわけで・・・
このニュースを読んだ人から見れば盗用以外の何者でもないわけで・・・
がんばれ朝日新聞!僕は生暖かい目で見守るよ!!
といってみる。
(ところでNHKへの提訴はまだかな・・・)
by ALBION (2005-06-29 23:59) 

FD3S

ALBIONさん、いらっしゃいませ!
コメントどうもありがとうございます。

負け癖がついている朝日の久しぶりの勝利というのは、まさにぴったりですね。勝ったといっても先のW杯の韓国戦のように真実は微妙ていうか怪しさ満点ですけど・・・・。
NHKの問題は予想通り、すっかりスルーしてますね。読売とか産経が「どうなったNHK問題」なんて特集して多くの人に思い出させて欲しいものですね。
by FD3S (2005-07-02 17:03) 

Hayashi Masayuki

 「声が聞こえたら」の危険性


もしも関係した場合には読んでください。
________________________________________________________________________________
 
もし、頭の中でへんな声が聞こえたら、必ず読んでください。


     ”声”が聞こえた人は何人かいるそうです。
 

コミニケーションツールの以前にもありました、「天の声」”天声”の事件に関して、


考えている事と言う訳ではありませんが、誰か解らないですが、相手の言葉が解るそうです。
法律に触れない事から、その人の話しを聞き、考えている事を面白がり、皆で利用するそうです。
周りの人間も、自分に関係のない他人ですので、面白がり、遊ぶでしょう。
全てと言う訳ではありませんが、その人間達は犯罪の手助けをしている人間もいます。


考えている事を聞きたいと思う事も、大変に危険ですので、聞こえる人間の“声”聞かないでください。
聞こえる人間を暴力団に利用したいので騙しています、何かきっかけを作っては、狙ってくるでしょう。
絶対にふざけて遊ばないでないでください、誰か解らない人間と関係を持つのは大変に危険ですから。
プライバシーの侵害はさることながら、みんなに憎ませる事で完全犯罪を成立できる為、お金になると
いっては、詐欺を働き、暴力団の仲間になるようにさせています。

過去の自分達の罪をその聞こえる人間達に罪を被せたいようです。

法律で裁けない沢山の被害報告が出ています。



聞こえる方は、近ずく人間には十分に注意してください、聞こえる事があっても、聞える人間は、
言わない、聞えていない様にしてください、コミュニケーションならば口で言えば解るはずです。
自分の知らない所で勝手に動く事ですから、本人は解らず、利用していきます。
個人の関係で親友を作るなら、別ですが、会社や仕事で利用する事はありません。
仕事の関係は一切別に行いますので、騙されないでください。


腹の中で何を思おうが、実際の行動に移してはいけません。

 
勘違いしないでください、人の心は読めません。人の心は変わります。




現在でも、危険ですので、仕事でないなら絶対に何もしないでください。
実際に刑事事件に発展するケースがありますので、十分注意してください。
_____________________________________________________________________________________________

  「天の声」は詐欺事件になります。




「天の声」コミニケーションツール ”天声”は借金の入り口です
 

誰か解らないですし、法律に触れない事から、聞こえた人間を皆で利用します。
自分の知らない所で勝手に動き、本人は知らない様に動いておいて、
助けたと言っては、その請求は本人に被せていきます。
頼んでもいないのに、請求書が回り、声の聞こえる人間を、全員で騙します。


他人ですので、面白がり勝手に利用します。


もし、知らない人間がやってきて、
 「お前の声を聞いた」
 「お金になるから手伝ってくれ」
 「お前のせいでこんな目に会った」
 「女が引っ掛かったから、騙そう」
 「あいつが何を考えているか聞いてみよう」
 「声の聞こえる人間が見つかったから、助けよう」


   など知らない人間が、近ずく様でしたら、絶対に無視してください。




以前に”声”が聞こえた事が原因で人間関係が悪化し、働けないようになり、追い込まれ、
詐欺を働き、罪を被ぶり借金するようなり、暴力団になったそうですので、
詐欺のやり方のマニュアルの様な物が暴力団あるそうです。

インターネットなら、通ながらないでしょうが、「天の声」をきっかけに”蓋”と通がり、
下手に関係を持ち”蓋”が開いてしまいます。原因の追及には大変に危険が伴います。
絶対に係わりあわないでください。


コミュニケーションならば、他の方法でいいはずです。絶対に実際の行動に移してはいけません。




   以前にアメリカでは「天使の声」と呼ばれていました。

お金持ちや芸能人の名前を使い、関係が出来ると錯覚します、通信手段が無い頃は、お金持ちと付き合える
きっかけがあったようで、また”声”をきっかけに関係を得ようと、集団で騙します。
通常はお金持ちや上の人と付き合いが出来る方がおかしいですから、それなりの人間しか出来ません。
自分達が順番に異性と付き合い、関係を持ち”声”を使い利用するのです、ですので、金持ちで聞こえる
人間が確認されると、また、「天使の声」が復活するのです。会社や仕事で利用する事は絶対にありません。
絶対に騙されないでください。 勘違いしないでください。人の心は読めません。人の心は変わります。

   

   コミニケーションツールの危険性


テレパシーの一種のコミニケーションツールですが、借金をした人間やごく限られた人間が”蓋”と繋がる
きっかけですので、昔の暴力団やギャングの仲間、大きくは、テロリストや軍隊、宗教戦争にまで発達します。   
ですので、罪や請求は莫大な物です。コミニケーションツールとは、テロリストが使っていました。
ですので、彼らは”神”を信じて犯行を繰り返すのです。


暴力団も、後から来た聞こえる人間を見つけては、それらの仕事をさせて、罪を被せて逃げます。


何かきっかけを作っては、狙ってくるでしょう。”声”の関係で出会いやきっかけになる事がありましたら、
絶対に無関係を通してください。周りの人間も、自分に関係のない他人ですので、面白がり遊ぶだけになります。
誰か解らない人間と関係を持つのは大変に危険ですから、十分に注意してください。



   小説や映画のモデルとなりました。


裏社会と下手にテレパシーで通じて、犯行をする者も、ごく一部で、多くは小説家や漫画家、脚本家
などに変わり、作品のネタになっていきます。少数の限られた人間が、罪や責任を一気に被り
数奇な運命をたどりますから、ネタになりやすいのでしょう。


映画「サトラレ」「リング」「メフィスト」「スペースバンパイヤ」から、「Xマン」「マトリックス」
「フィフスエレメント」など、その他の多数のいろいろな漫画や映画などのイメージの元になり、
画面やスクリーンに登場します。









  ”携帯電話でも、知らない人間から、かかってこれば無視するでしょう、

        インターネットや携帯電話で十分に行えますので、全く必要ありません。”



___________________________________________________________________________


何かありましたら、些細な事でも結構ですので、メールをいただけませんか?


返事はしますので、よろしくお願いいたします。



ニックネーム 884KID

メールアドレス frool67shinnkai@yahoo.co.jp
by Hayashi Masayuki (2005-09-01 17:36) 

Hayashi Masayuki

 「声が聞こえたら」の危険性


もしも関係した場合には読んでください。
________________________________________________________________________________
 
もし、頭の中でへんな声が聞こえたら、必ず読んでください。


     ”声”が聞こえた人は何人かいるそうです。
 

コミニケーションツールの以前にもありました、「天の声」”天声”の事件に関して、


考えている事と言う訳ではありませんが、誰か解らないですが、相手の言葉が解るそうです。
法律に触れない事から、その人の話しを聞き、考えている事を面白がり、皆で利用するそうです。
周りの人間も、自分に関係のない他人ですので、面白がり、遊ぶでしょう。
全てと言う訳ではありませんが、その人間達は犯罪の手助けをしている人間もいます。


考えている事を聞きたいと思う事も、大変に危険ですので、聞こえる人間の“声”聞かないでください。
聞こえる人間を暴力団に利用したいので騙しています、何かきっかけを作っては、狙ってくるでしょう。
絶対にふざけて遊ばないでないでください、誰か解らない人間と関係を持つのは大変に危険ですから。
プライバシーの侵害はさることながら、みんなに憎ませる事で完全犯罪を成立できる為、お金になると
いっては、詐欺を働き、暴力団の仲間になるようにさせています。

過去の自分達の罪をその聞こえる人間達に罪を被せたいようです。

法律で裁けない沢山の被害報告が出ています。



聞こえる方は、近ずく人間には十分に注意してください、聞こえる事があっても、聞える人間は、
言わない、聞えていない様にしてください、コミュニケーションならば口で言えば解るはずです。
自分の知らない所で勝手に動く事ですから、本人は解らず、利用していきます。
個人の関係で親友を作るなら、別ですが、会社や仕事で利用する事はありません。
仕事の関係は一切別に行いますので、騙されないでください。


腹の中で何を思おうが、実際の行動に移してはいけません。

 
勘違いしないでください、人の心は読めません。人の心は変わります。




現在でも、危険ですので、仕事でないなら絶対に何もしないでください。
実際に刑事事件に発展するケースがありますので、十分注意してください。
_____________________________________________________________________________________________

  「天の声」は詐欺事件になります。




「天の声」コミニケーションツール ”天声”は借金の入り口です
 

誰か解らないですし、法律に触れない事から、聞こえた人間を皆で利用します。
自分の知らない所で勝手に動き、本人は知らない様に動いておいて、
助けたと言っては、その請求は本人に被せていきます。
頼んでもいないのに、請求書が回り、声の聞こえる人間を、全員で騙します。


他人ですので、面白がり勝手に利用します。


もし、知らない人間がやってきて、
 「お前の声を聞いた」
 「お金になるから手伝ってくれ」
 「お前のせいでこんな目に会った」
 「女が引っ掛かったから、騙そう」
 「あいつが何を考えているか聞いてみよう」
 「声の聞こえる人間が見つかったから、助けよう」


   など知らない人間が、近ずく様でしたら、絶対に無視してください。




以前に”声”が聞こえた事が原因で人間関係が悪化し、働けないようになり、追い込まれ、
詐欺を働き、罪を被ぶり借金するようなり、暴力団になったそうですので、
詐欺のやり方のマニュアルの様な物が暴力団あるそうです。

インターネットなら、通ながらないでしょうが、「天の声」をきっかけに”蓋”と通がり、
下手に関係を持ち”蓋”が開いてしまいます。原因の追及には大変に危険が伴います。
絶対に係わりあわないでください。


コミュニケーションならば、他の方法でいいはずです。絶対に実際の行動に移してはいけません。




   以前にアメリカでは「天使の声」と呼ばれていました。

お金持ちや芸能人の名前を使い、関係が出来ると錯覚します、通信手段が無い頃は、お金持ちと付き合える
きっかけがあったようで、また”声”をきっかけに関係を得ようと、集団で騙します。
通常はお金持ちや上の人と付き合いが出来る方がおかしいですから、それなりの人間しか出来ません。
自分達が順番に異性と付き合い、関係を持ち”声”を使い利用するのです、ですので、金持ちで聞こえる
人間が確認されると、また、「天使の声」が復活するのです。会社や仕事で利用する事は絶対にありません。
絶対に騙されないでください。 勘違いしないでください。人の心は読めません。人の心は変わります。

   

   コミニケーションツールの危険性


テレパシーの一種のコミニケーションツールですが、借金をした人間やごく限られた人間が”蓋”と繋がる
きっかけですので、昔の暴力団やギャングの仲間、大きくは、テロリストや軍隊、宗教戦争にまで発達します。   
ですので、罪や請求は莫大な物です。コミニケーションツールとは、テロリストが使っていました。
ですので、彼らは”神”を信じて犯行を繰り返すのです。


暴力団も、後から来た聞こえる人間を見つけては、それらの仕事をさせて、罪を被せて逃げます。


何かきっかけを作っては、狙ってくるでしょう。”声”の関係で出会いやきっかけになる事がありましたら、
絶対に無関係を通してください。周りの人間も、自分に関係のない他人ですので、面白がり遊ぶだけになります。
誰か解らない人間と関係を持つのは大変に危険ですから、十分に注意してください。



   小説や映画のモデルとなりました。


裏社会と下手にテレパシーで通じて、犯行をする者も、ごく一部で、多くは小説家や漫画家、脚本家
などに変わり、作品のネタになっていきます。少数の限られた人間が、罪や責任を一気に被り
数奇な運命をたどりますから、ネタになりやすいのでしょう。


映画「サトラレ」「リング」「メフィスト」「スペースバンパイヤ」から、「Xマン」「マトリックス」
「フィフスエレメント」など、その他の多数のいろいろな漫画や映画などのイメージの元になり、
画面やスクリーンに登場します。









  ”携帯電話でも、知らない人間から、かかってこれば無視するでしょう、

        インターネットや携帯電話で十分に行えますので、全く必要ありません。”



___________________________________________________________________________


何かありましたら、些細な事でも結構ですので、メールをいただけませんか?


返事はしますので、よろしくお願いいたします。



ニックネーム 884KID

メールアドレス frool67shinnkai@yahoo.co.jp
by Hayashi Masayuki (2005-09-01 17:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。