So-net無料ブログ作成
検索選択

無知蒙昧 [2005年4月]

無知蒙昧

無知蒙昧(むちもうまい):愚かで道理にくらい・こと(さま)。

朝日新聞には、世間一般で言われるところの常識が備わっていない人間が大勢いるようです。また、分別という言葉の理解も足りないと思われます。

4月1日の社説なのでエイプリルフールか?とも思いましたが、バリバリ全開の本気の社説でしょうね。

-------------------------------------------------------------
国旗・国歌 卒業式を生徒に返そう

東京都教育委員会は、今年もまた、都立学校の教職員52人を懲戒処分にした。卒業式で国歌を斉唱するとき起立しなかったというだけで、校長からの職務命令違反に問われたのだ。

都教委は昨年も同じ理由で懲戒処分を行った。入学式も加えると処分を受けた職員は233人にのぼる。

文部科学省の調査によると、国旗や国歌をめぐって03年度に懲戒処分をしたのは、全国で3都県と1市だけだ。処分された人の9割以上が東京都に集中していた。これはやはり異常なことではないだろうか。

ただ歌うのではなく、一人残らず国旗に向かって起立させ、斉唱させなければならない。それが都教委の考えだろう。

そのために、2年前、12項目におよぶ通達を出した。国旗は舞台の壇上正面に掲げる。教職員は指定された席で起立し、国歌を斉唱する。児童生徒も必ず正面を向いて座る。

校長には、この通達に基づいて教職員一人ひとりに職務命令を出すよう求めた。式場での座席表まで作らせて、都の職員を学校に派遣し、監視した。

このような雰囲気のなかで営まれた卒業式を、生徒たちはどんなふうに感じただろうか。

昨年は、生徒が起立しなかったことを理由に管理職が「厳重注意」された学校もある。今年の卒業式では、生徒への締め付けがいっそう強まった。

校長が教師に出す職務命令に、「適正に生徒を指導する」ことが加わった。多くの生徒が起立しなければ、それを理由に教師が懲戒処分されかねない。

今年、ある都立高校の卒業式で、卒業証書を受け取った卒業生フロアに向かって言った。「東京都教育委員会のみなさんにひとつお願いがあります。これ以上、先生たちをいじめないでほしい」

別の卒業生が続いた「生徒が座っていないかをチェックして、先生を処分する。教師を人質にとった思想統制と、私は考えています」

卒業式は、生徒にとって、人生の節目になる大切な催しだ。先生や友人たちと思い出を語り、励ましを受ける場だ。親たちにとっては、子どもの成長を確かめ、学校に感謝する場でもある。

他の府県では、生徒が向かい合って座り、送辞や歌を工夫して、自分たちで企画に参加する学校も少なくない。

処分をちらつかせて形だけ整えても、せっかくの式典が息苦しく、ささくれだったものになってしまう。それを生徒も保護者も悲しんでいるにちがいない。

私たちは、卒業式に国旗を掲げ、国歌を歌うことに反対しているのではない。都教委が処分までして強制するのは行き過ぎだと考える。

こんなやり方で、やわらかな心を持つ若者たちが日本の国旗や国歌を心から好きになれるだろうか。

生徒が感動し、なつかしく思い出す、そんな卒業式を彼らに返したい。
-----------------------------------------------------------

都立学校の教職員52人を懲戒処分

入学式も加えると処分を受けた職員は233人

処分された人の9割以上が東京都に集中

式場での座席表まで作らせて、都の職員を学校に派遣し、監視

生徒が起立しなかったことを理由に管理職が「厳重注意」

校長が教師に出す職務命令に、「適正に生徒を指導する」

確かに異常なことです。

教員と言う前に、社会人として、常識が備わっていないために処分される教員がこんなにいることがまずもって異常なことでしょう。
処分数の9割が東京であるというのは、それだけ不見識な教員が組織的に存在しているということを示す証左でしょう。

そういう常識的なことがわざわざ、通達を出したり職務命令にしないといけないほどの状況であるというのも異常なことです。

更には、校内における監督者であり、命令権者であるはずの校長だけではコントロールが出来ずに都の職員が監視しなければ、当たり前のことすら出来ないという状況も異常です。

式次第や座席表を作ることは、世間一般では当然ではないでしょうか?むしろ、あちらこちらにばらばらいることの方が異常であると思います。

繰り返しになりますが、異常なのは、こういう不見識な教員とそれを擁護する朝日新聞の感覚と法律や教委の人間が居なければ常識的なことさえ維持でき難くなっている教育現場の現状でしょう。

国旗・国歌法に異を唱える人もいますが、それを好ましく思わないことと、法律を守らないことは同義ではありません。

自己の内心との葛藤があろうがなかろうが、社会的な基本事項を教えることが教員の仕事です。きまりを守らないでいい、それを身を持って教えるというのは、教員以前の問題です。
しかるに処分されて当然のことです。

東京都教育委員会のみなさんにひとつお願いがあります。これ以上、先生たちをいじめないでほしい

生徒が座っていないかをチェックして、先生を処分する。教師を人質にとった思想統制と、私は考えています

生徒達のこういう主張は、己の立場も、儀式やきまりの何たるかも弁えない未熟で愚かな言動であり、一顧だにする必要はありません。
それよりも高校を卒業をする時点になっても、これだけの見識しか持ち合わせていないことが問題であり、ものの道理も分からない生徒が生まれるような教育しか出来ない教員に対して、憤りすら感じます。

そもそも、学校において生徒とは、教えを授けて貰う存在であり、それ以上ではないはずです。従って、受動的な立場になるのは必定で、能動的な自主性は、本人の自我の発達如何とは別に、制限されるのは当然です。

そして、卒業とは学校における教育メニューを修了したことを認可するということで、入学とは、その学校で学ぶことを認可する場であるということです。
もちろん、それらは生徒自身のみならず、保護者にとっても教員にとっても記念すべき場であることに違いはありませんが、認可する立場と認可される立場を弁えれば、このようなことが起きること自体が異常であり、一般的には有り得ないと言わざるを得ません。

やわらかな心を持つ若者

こういう言葉(漢字を敢えてひらがなで表現して抽象的に表現する)は、いったい何を指すのか、甚だ理解に苦しみます。しなやかではなく、やわらか。
語意からすれば、柔軟なという意味かもしれませんが、上記のような言動を行うような生徒の心は残念ながら硬直していると言わざるを得ません。

私たちは、卒業式に国旗を掲げ、国歌を歌うことに反対しているのではない。都教委が処分までして強制するのは行き過ぎだと考える。

都教委のそれが行き過ぎだというのは、それだけおかしい連中が跋扈しているということの証左でしかありません。本来ならば、常識の問題であることに都の職員がわざわざ、通達を出したり、監視に出てこなければならないのですから。
こういう人達は強制するのはおかしいと言いますが、強制されなければ(あたりまえのことすら)できないということがおかしい、恥ずかしいということに気付けないのでしょうか?

生徒にとって、人生の節目になる大切な催しだ。

生徒が感動し、なつかしく思い出す、そんな卒業式を彼らに返したい。

一生懸命学業に励んだこと、将来を語り合えるかけがえのない友人と出会い、自我の目覚め、所謂青春といわれる時代の思い出は、貴重なものであることは言うまでもありません。保護者にとっても、我が子の成長の証となる会に参加し、成長を間近に見るというのはこの上ない喜びであり楽しみであることでしょう。

こういう式典の運営主体はあくまでも学校にありますが、それに思いを馳せる生徒や保護者にすれば、それこそ、「人生の節目になる大切な催し」でしょう。

だから、「返す」という言葉を使うのあれば、「誰から」の部分に相当するのは、都教委からではなく、常識や節度に欠けた振る舞いで生徒や保護者の思い出をぶち壊す、かかる教員からでしょうし、「誰へ」に相当するのは、運営主体である学校と「人生の節目」をキチンと迎えたいと思う生徒や保護者に対してでしょう。

それにしても、反権力に拘泥するあまり、処分された側の弁護に終始し、一方的な見解を社説として載せるとは、朝日新聞はもう報道機関としての命脈を自ら絶ったと言わざるを得ません。

日本人が自国の真実を知ろうとし、いろいろなことに気付き、自我に目覚めたとき、朝日新聞はその歴史に幕を下ろすのかもしれません。


nice!(0)  コメント(20)  トラックバック(12) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 20

ko-ba-ber

コメント&TBいただきありがとうございました。
私からもTBさせていただきました。
日本も外国と同じような普通の国家にならなければなりません。
それには朝日と反対のことをすればいいと思います。
by ko-ba-ber (2005-04-01 23:00) 

FD3S

ko-ba-berさん、いらしゃいませ。
押しかけT/Bしてすみません。
コメント、T/Bありがとうございました。

>朝日と反対のことをすればいい
そうですね。いい反面教師ですもんね。
そう理解している人が多ければ、きっと変っていくでしょうね。
by FD3S (2005-04-01 23:17) 

FD3Sさんこんばんは(^^
卒業式に限らず、なぜ国旗や国歌に異常ともいえる反発を示すのでしょうね。
うちは祭日に国旗を出すのですが、義父に「今時そんな事するのはおかしい」と変な目で見られてしまいました。でもそんな義父の息子である私の旦那様は「右翼に見られようが関係ない』と言ってくれていますが。私の実家では祭日には出してるのになぁ。
国歌も国旗もあって当たり前だしいいも悪いもなくその国の歴史だと思います。それを公務員(公立・都立の先生は公務員ですよね?)が規則を守らず処罰されるのは当然だと思うけど・・・それにしても新聞てけっこう一方的なんですね。一つだけ読んでいるのが不安になってきました。
by (2005-04-02 01:53) 

FD3S

ひらたさん、こんばんは~。
夜更かしですねぇ。コメントありがとうございます。

>国旗や国歌に異常ともいえる反発を示すのでししょうね。
私も不可解なんですよね。戦争を想起させるとか、軍国主義の象徴とか、色々言う人はいますけど、どれも好き嫌いの域を超えないんですよね。
強制はダメだといいながら、歌わないように強制するし。
国旗・国歌に関しては、日の丸・君が代大好きってほどではないですが、日本人ですからね、普通に出しますよ、うちも。休みだぁって気分も盛り上がるし。

>いいも悪いもなくその国の歴史だと思います。
そのとおりですよ。自分も子孫にとっては歴史の一部になると思うと、自分の祖先を含めて、歴史をネガティブに捉えるのは嫌ですね。真実として否定的な悪い部分しかないなら、それを認めて、教訓にすればいいだけですから。

>新聞てけっこう一方的なんですね。
左右どっちもありますよね、朝日は極端ですけど。
ネットで色々見てみると結構楽しいですよ。これには出てるのに、これには出てないとか。こっちは肯定しているのに、こっちは否定してるとか。

>私の旦那様は「右翼に見られようが関係ない』と言ってくれていますが。
う~ん、よき旦那様ですねぇ。うらやましい!
by FD3S (2005-04-02 02:52) 

SEI

FD3Sさん、こんにちは。
昨日この社説を読んだ時、きっとFD3Sさんがとりあげてくださる、と思っていました(笑)。

この朝日社説のように処分された教師を擁護する側が、意図的に無視していることがあります。それは、かつて(おそらく今も)彼らが「反国旗・反国家」のイデオロギー注入を日常から生徒達に対して行っており、卒業式に際しては国歌斉唱で着席するように指導していた事実です。つまり、「国旗・国歌に反対することを強制していた」事実です。
もちろん、これを言われると彼らは、「座れと強制はしていない。歌うか座るかは自分自身で考えるよう、指導しただけだ」と答えるでしょう。しかし、彼らの一方的な思想に基づいた「教育」を受けた生徒が「歌う」選択をするのは難しいことです。実際、広島でも数年前まで卒業式で教師・卒業生・在校生のほとんどが着席した、とされる学校がありました。しかしその映像を見てみると、生徒のほとんどが周りを見ながら仕方なく座っている様子がうかがえます。仮に「反対の強制」が言いすぎだとしても、「『強制反対』の強制」を行っているのです。
今の生徒にとっては、国旗・国歌などどっちでもいいことなんです(それはそれで問題なんですが・・・)。ド左教師達が自身の満足のために偏向教育をしているだけなんです。
だから、朝日社説がふれた「ある都立高校の生徒」も教師に乗せられているだけです。おそらくは教師が「先生なぁ、今卒業式の国旗・国歌のことで校長や教育委員会と戦ってるんだよ」などと日頃から生徒達に漏らしていたんでしょう。校長・教委は悪役、自分は純粋な善玉に仕立てるわけです。
ただ、今でも校内に「社会研究部」「部落解放研究部(これは関東にはないでしょうが)」などの名称を冠して、教師が堂々と生徒達に左翼偏向教育を施し、またそれにのめり込む生徒が少数ながらいるのも事実ですから、件の生徒がそういった「ド左高校生」である可能性もあります。それか、その高校自体があの所沢高校みたいな学校なんでしょう。

FD3Sさんも以前のエントリーで書かれていたように、教育とは強制をその本質とするものです。卒業式は学校が主催し、単位の取得を認定し、卒業証書を授与するための式です。その形式を強制するのは当たり前のこと。「強制には反対してよい」のなら、「僕は校長先生が嫌いだから、校長に礼などしたくない」「私は生徒会長が嫌いだから、起立したくない」「校歌が嫌いだから途中で帰る」などのわがままも通ることになります。
「生徒が企画する卒業式」など、卒業式の本来の意味を逸脱しています。そんなものは、式が終わったあとの「謝恩会」などでやればよろしい。
by SEI (2005-04-02 17:07) 

wowow

SEIさんのご意見に心を打たれました。SEIさんはご自身の発表の場をおもちでしょうか?ぜひ見てみたいです。

この決まりがいやなら教師を辞めればいいだけなのに、なんでこんな子供っぽいことをしてるんでしょうね。教師には世間知らずが多すぎます。
by wowow (2005-04-02 17:19) 

FD3S

SEIさん、いらっしゃいませ。
コメントどうもありがとうございます。
お久しぶりです、SEIさんをおびき寄せるために、このエントリは書きました(嘘)。でもおいでくださってうれしいです。

私も日教組の連中が騒ぐのは、かつて自分達が行っていた思想強制が思うようにいかなくなったことと、日教組の組織力の低下への焦りが行動に現われたものであろうと思っておりましたが、SEIさんのコメントでそれが裏付けられたと思います。
教員の日々のぼやきに未熟な正義感を抱く生徒もいることでしょうね。何と言っても、教員は彼ら生徒が接する身近な大人ですから、その影響力は看過できないといえます。
逆に考えれば、当たり前のことが学校で行われるということは、日教組の教員達にしてみれば、脅威なんでしょうね。自分達の欺瞞が暴かれてしまうから。
そう考えると、日教組の教員達は、自分達の思想が脆弱であることは理解しているようです。だからこそ、自分達の信じるもの以外にここまで排他的になるのでしょう。
まるで、情報を遮断した上で、思想・言論を統制しているかの国々と同じスキームです。私が嫌悪感を抱くのもその辺です。

所沢高校の件ですが、ぐぐっている過程で見つけました。自立できていないものが野放図になるとこうなるのかと唖然としました。あれでは、暴徒と代わりがない。更に、広島の世羅高校校長自殺、民間人高校自殺、市教委自殺などの記事も読みました。何とかしないと、事は生徒だけの問題では済まないなと思いました。熊教組のニュースなどを見る限り、日教組及びその傘下の組織の訴求力は年々低下しているようですが、一部の人が言うように、破防法を適用するぐらいの覚悟がいるのかもしれません。
by FD3S (2005-04-02 18:32) 

FD3S

wowowさん、いらっしゃいませ。
コメント頂き、どうもありがとうございます。

>この決まりがいやなら教師を辞めればいいだけなのに、なんでこんな子供っぽいことをしてるんでしょうね。

辞める度胸なんてないでしょ、こういう連中には。なんせ、内心の自由なんてご高説をぶっておきながら、減給1/10、1ヶ月(数万円)でびびる程度ですから。
進退をかけて物を言うなんて度胸も覚悟もないでしょ。きっと誰よりも職に汲々としてるとおもいますよ。

>教師には世間知らずが多すぎます。
これは、大学の教員でもそういう人はいますよ。大学出て、すぐ先生なんていわれたら、錯覚するのかもしれないですね。
by FD3S (2005-04-02 19:12) 

SEI

FD3Sさん、あらためてこんばんは。
コメントは久しぶりになってしまいましたね。でも、毎日読ませていただいていますよ。本当に勉強になります(お世辞ではありません)。
毎回、ご丁寧なお返事、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。時々はコメントさせていただきますね。

wowowさん、初めまして。
恐縮です(笑)。でもありがとうございます。
私は特に自分のHPやブログは持ってないんですよ。とてもFD3Sさんのように毎日あんな素晴らしい文章は書けません。いくつかの掲示板やブログを荒らし・・・もとい、いくつかの掲示板やブログにカキコさせていただいているくらいです。

ほんと、お世辞じゃなくてFD3Sさんはじめブログ界には優秀な論者が多いですね。そのまま雑誌のコラムになってもおかしくないですもん。
文筆を生業とする人の中には「ネットの世界なんて便所の落書き以下」てな感じで揶揄する人もいますが、彼らの多くは本音では自分たちの領域が侵されることを危惧しているんでしょうね。

ちなみに私、wowow視聴者です(笑)。あ、関係ない?(笑)
by SEI (2005-04-02 20:22) 

FD3S

SEIさん、いらっしゃいませ。
有難いコメントをありがとうございます。
過分なお褒めの言葉を賜り、恐悦至極です。
まさにブロガー冥利に尽きるという感じです。
こちらこそ、SEIさんのコメントにはいつも感謝しております。コメントを頂くのはブログの楽しみでもあるなといつも思っています。

世の物書きジャーナリストにしてみれば、戦々恐々でしょうね。言わば寡占的な聖域が侵されようとしているのですから。
私は別として、多くの素晴らしい論客の方が一杯いますよね。物書きではない、恐らく普通に市井で暮らしているだろう人達の中に。

ネットの世界はまだ玉石混交というかカオスというか、発展途上な部分もありますが、ブログ機能が進化するように、書き手、読み手のリテラシー能力も発達していくのだろうなと思います。

こちらこそ、今後とも何卒宜しくお願いします。
時々と言わず、お時間がございましたら、じゃんじゃんコメントを頂ければ幸甚です。いつでもお待ちしております。
by FD3S (2005-04-02 20:52) 

blue

おはようございます。
コメント&TBありがとうございました。
昔から教師が世間知らずなのは感じていました。
周りは子供だけ。親からは先生先生と呼ばれて。
狭い社会しか知りませんから。
今回も若い教師が多かったのだろうと思いますが、後ろにいる政治団体に操られているとしか思えません。
by blue (2005-04-03 06:20) 

FD3S

blue様、いらっしゃいませ。
コメント&T/Bありがとうございました。

どのような思想信条を持ってもそれは構わないのですが、
公私の別ができないというのは、教員の資質がどうという前に、
社会人としての適正に欠けていると言わざるを得ませんね。

今後とも宜しくお願いいたします。
また、おいで下さい。お待ちしております。
by FD3S (2005-04-03 10:59) 

あさひ素材

コメントを頂き、ありがとうございました。

本当に、家族を想う様に、自然な国への愛し方をしたいものですね。
過剰に愛するでもなく、過剰に嫌うでもなく。
by あさひ素材 (2005-04-04 08:26) 

FD3S

あさひ素材さま、いらっしゃいませ。
返答が遅くなり申し訳ありません。コメントありがとうございました。

過ぎたれば及ばざるが如しでしょうね。
気負わずに自然と敬意を払えれば、監視も要らなければ、それの伴う軋轢もないはずですから。
by FD3S (2005-04-05 13:27) 

てる

コメント&TBありがとうございます。全然理論的でなく、いわば感情垂れ流し状態の記事なのに・・・感謝です。
私は今三十路ですが、私の頃もいましたね、アホな教師が。
>私たちは、卒業式に国旗を掲げ、国歌を歌うことに反対しているのではない。 都教委が処分までして強制するのは行き過ぎだと考える
あの頃は罰則もなかったはずなのに、生徒に起立するなとか歌うな、とか言ってましたが?とても矛盾していますよね、言ってることが。
ちなみに所沢高校と同じ学区にある、県立高校に通ってました。
あの騒動を聞いてイマイチピーンとこなくて、「こいつらは生徒も教師も揃ってアホか?」くらいにしか思ってませんでした。
友人達もみんなそんな感じでしたし、あの学校は本当に特殊でしたね、あらゆる意味で。
学区内で唯一制服がない公立の高校で、自由な校風が売りでしたが、自由すぎてネジがすっ飛んでたみたいです。
そもそも、国旗掲揚、国歌斉唱があって、厳粛な雰囲気だからこそ、新たな門出、ってカンジで感動しましたけどね、私は。
国旗も国歌も好きでも嫌いでもなく、国旗を出したりもしませんが、日本人であることが嬉しかったりもします。
以前サッカーの試合で、帰化したサントス選手が君が代を歌っているのをみてとても嬉しく思った事があります。反面、歌っていない日本人選手のことはとても恥ずかしく思いましたし。
始めたばかりのブログでこういった繋がりが持てて嬉しいです。
長文コメント失礼しました。(^^;;
by てる (2005-04-07 04:51) 

FD3S

てるさん、いらっしゃいませ。
コメント&T/Bありがとうございました。
夜更かしされたんですね。

厳粛な式で国旗掲揚や国家斉唱を行うのは、特殊なものではなくて普通のことだと思うんですけどね。それがどうして理解できないのか、私にも理解できません。好きとか嫌いの感情を持つのは自由でしょうが、それを表に出すかどうかは制限されるのは当然ですからね。
彼らもよく「内心の自由」などと造語を作って、喚きますがそれこそ「内心」であってそれを表に出して態度に表したらその時点で「内心」ではないんですけどね。表現の自由を言ったところで、その他の人のそれを侵す権利などないですし、公共の福祉に反しないという縛りはあるのですから、公的な儀式で「不相応」な行為をすれば十分、それに反しています。
結局、彼らの言っていること、していることは我儘でしかなくて、それを人権侵害などと考えることしかできないのは、可哀想だなぁと思います。

ところで、私も三十路ですよぉ。もう折り返してますけど(泣
今後とも宜しくお願いします。
by FD3S (2005-04-07 18:02) 

はじめまして

国旗・国歌に関して全く同感です。
楽天の方で勝手にリンクさせて頂きましたが宜しくお願い致します。

http://plaza.rakuten.co.jp/tomopapa5/diary/200504140000/

     おやじ
by はじめまして (2005-04-14 18:30) 

FD3S

おやじさま、はじめまして、いらっしゃいませ。
コメントどうもありがとうございます。

リンクして頂きありがとうございます。こちらこそ宜しくお願い申し上げます。
by FD3S (2005-04-14 18:53) 

おやじ

コメント&TBありがとうございました。
TBさせて頂ました。
また宜しくお願い致します。
by おやじ (2005-04-15 00:19) 

FD3S

おやじさま、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

>また宜しくお願い致します。
いえいえ、こちらこそ宜しくお願いします。
by FD3S (2005-04-15 13:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。