So-net無料ブログ作成
検索選択

朝日の蠢動 [2005年3月]

朝日の蠢動

啓蟄を過ぎて、春めいてきているせいでしょうか。朝日新聞が蠢動しています。1/12の記事についてはありえないぐらい知らん顔したまま、竹島や教科書問題などで喧しくなっています。
蠢動:(1)虫などのうごめくこと。(2)(取るに足らないものが)こそこそとうごめくこと。

ところで、今日の朝日新聞の社説について、先日の(教科書)オリンピックにかける執念で紹介した「ド左」の名づけの親にして広島の論客でいらっしゃるSEIさんより、秀逸な力作をコメント欄に賜りました。
あまりにいい文章でコメント欄にあるだけでは勿体無いので、紹介させていただきます。

朝日新聞――「人権」を錦の御旗に弱者権力擁護

人権擁護法案をめぐる朝日新聞の主張がイッちゃっている。
この法案は、自ら「差別」や「虐待」に苦しんでいると称する人に絶対権力を与えることをめざしており、各方面から批判が出ている。ところが「自称弱者の人権こそが前面に出ないと行政上のえこひいきができない」とか、「部落解放同盟(解同)や朝鮮総連(総連)に属する人たちが人権擁護委員になるのは当然だ」といった意見が、またぞろ朝日新聞から噴き出してきた。

自民党議員らが話題にした人権擁護委員には、今でも「我らは地域の人権活動の担い手」と強弁する解同をはじめとした特定思想団体の息のかかった人間が巧妙に潜入している。人権擁護法が成立すれば、この人たちをもとに新しい人権擁護委員が生まれる。

新しい人権擁護委員は、表面上はあらゆる住民の相談に乗ると見せかけて実は特定地区の住民や特定団体に所属する者に恩恵を与えるという従来の役割に加え、人権侵害があれば調査して被害の「救済」や「予防」をする。強制的な力はないというのは嘘で、人権委には令状を必要としない関係者の事情聴取・家宅捜索・押収などの権限が認められており、拒否すれば罰則規定も定められている。
さらに、委員会が「人権侵害」と認めた場合は、勧告・公表、提訴などの権限もあるなど、現在よりもその権力は強大になる。

現在の委員は、一応選挙権を持つ住民のなかから市町村長が議会の意見を聞いて推薦するが、新しい人権擁護委員はなんと外国籍の住民からも推薦できる。

これは、法案づくりの背景に朝鮮総連など反日外国人団体からの圧力があったからだ。確かに国連規約人権委員会は98年、警察官や入国管理職員による人権侵害の訴えを扱う独立した機関をつくるよう日本に勧告したが、この人権擁護法の目指すものは明らかに別のところにある。

差別されたと声高に主張し特権を得ようとする在日の人たちの声を最大限に吸い上げる委員として、地域で権勢をふるう韓国・朝鮮籍住民が推薦されることを法案は予想している。

法案のもうひとつの狙いは、一部同和団体が享受してきた既得権益の固定化だ。現に「部落差別は解消に向かっており、優遇政策は同和地区の固定化につながる」と主張する同和団体が他に多く存在するにもかかわらず、解同だけから人権擁護委員に就くことを想定している。

こうした内容は真の差別撤廃を目指す上できわめて問題だ。自民党の一部の議員たちは、そもそも人権擁護制度をつくる根本的な理念から議論すべきだと訴えている。朝鮮総連幹部による犯罪やエセ同和事件など、数ある横暴の氷山の一角である。朝日が外国籍の住民や部落解放運動をしている人に優先的に人権擁護委員の地位と権力を与えようと主張するのは、何か別の意図があるのではないか。

新しい人権擁護委員は、総連や解同の圧力を受けた市町村からの推薦を受けて、中央の人権委員会が委嘱する。その人権委員会のメンバーは国会の同意を受けて首相が任命する。

そんな手続きのもとで、一部の議員が言うように、特定の団体が人権擁護委員の多数を占めて牛耳るというような危険がどうしてないと言えるのだろうか。法案が最初に提出された3年前の国会では、こういった問題点を指摘する意見はまだ少数派だった。

朝日新聞は社説で、政府が提出しようとしている法案を修正して、成立を急ぐべきだと主張してきた。朝日新聞の取材活動を人権委員会が調査するメディア規制条項を削除し、これまで通り反権力・反国家イデオロギーの浸透のために虚報を繰り返すことができるよう保障する。入国管理局や刑務所の人権侵害があるということを理由に、人権委員会を同じ法務省の外局に置かず、独立した地位を与えて不可侵の特権機関とする。これが修正すべき2点だそうだ。この新聞の偏向ぶりは変わらない。

差別や虐待にさらされている人たちを守るのは現行法でも可能だ。

人権の歴史も知らず、人権を錦の御旗にして弱者権力の正当化を企む朝日新聞の妄言は本当に恥ずかしい。

いかがでしたか、解同や日教組の乱行を身近に感じておられるSEIさんだからこその文章であると思います。
私は、同化と同和という記事でこういうことを言いたかったのですが、それが非常に端的に表現されていると思います。

さて、ここから↓は、私の文章で、少々趣が変ります。文章もヘタレてますので、ご了承ください。

この人権擁護法案に関しては、特にネット・ブログ界では相当激しい議論がなされています。総じて反対という感じだと思うのですが、その反対派の中にも温度差があるようなので私見として、まとめてみたいと思います。

積極反対派
私もここに所属すると思うのですが、多くの方がここに所属するのかなと思います。特に、朝日新聞を含むド左連合を糾弾する系統のブログでこの傾向は顕著なのかなと考えています。
イメージとしては、反対派の中でアクセルのような役割を持っていると思います。

中立反対派
積極派のシミュレートに一部拡大解釈があるという点について法律的な解釈という観点から掘り下げて、推進派に揚げ足を取られないようにやや慎重に検証をしつつ、結果として反対の度合いは積極派と同レベルである系統だと考えます。
イメージは、ニュートラルな感じで、積極派によって加速したスピードに乗りつつ、巡航して積極派のスピードの出しすぎを抑える役割だと思います。

消極反対派
反対ではあるが、この法案が人権利権の固定化に与するとも言えないし、言論の封殺もできないほどのざる法であり、法整備すること自体に意味がない、もしくは潜在的な利権を顕在化させることでかえって問題を世に問えるのではないか?という考えに基づいている系統のように思います。
積極派の姿勢はともすれば、アジテーションになる恐れもあるという警鐘を鳴らしつつ、検証を深めているような感じで、イメージとしては、積極派のスピードの出しすぎによる危険を回避するブレーキの役割を担っています。

こういう色々な観点から検証されていますが、結論としてはこの法案は廃案にすべきだろうという点では一致をみていると思います。
ブログはまだ過渡期で発展途上ですが、このように、アクセル、ニュートラル、ブレーキに相当する人達が、個々の問題について機能し合えば、より活発で有意義な議論ができ、世に問うに有効なオピニオンもしくは独立した世論として醸成され認知されていくのではないかと思いました。

さて、この法案は不備だらけですので私は積極的に反対なのですが、重要なのは、廃案にすることだけではないように思います。
むしろ廃案を起点として、どうやればこういう利権を排除しながら、同和や同化の問題に対処するかということではないかと考えます。

同じになりたいと切に願う人達は
           速やかに救済しなければなりません。

が一方で、

同じになりたくないと駄々を捏ねる人達は
           速やかに糾弾しなければなりません。


nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 13

SEI

SEIです。恐縮です(笑)。
いや、朝日の社説のあまりのトンデモさに椅子から転げ落ちそうになりながら短時間で作ったものですから。
取り上げていただけるなんて、本当に感激です。ありがとうございます。
by SEI (2005-03-19 20:29) 

FD3S

SEIさん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

>取り上げていただけるなんて、本当に感激です。
とんでもない。こちらこそ、素晴らしい文章を頂戴して、感謝感激です。
もったいなくて、つい勝手に記事にしてしまいましたが(ごめんなさい)。

私も読み比べのために改めて読んだのですが、朝日なのに落日間近ではないかと思えるほど退廃した文章でした。
それでも、新聞しか情報源がない人などは、気付かないのかもしれませんね。
何とか購読800万世帯が覚醒して購読中止という制裁でもしてくれないかと思うばかりです。

また、何かありましたら、どしどしコメント欄やメール(プロフィールにあります)でお知らせ下さい。宜しくお願いいたします。
by FD3S (2005-03-19 21:08) 

黄泉若宮

誤報を通知するだけでもマシに成るのですが……。("彼等"には"誤報ではない"のか? )
by 黄泉若宮 (2005-03-22 03:51) 

FD3S

黄泉若宮さま、いらっしゃいませ。
コメント、ありがとうございます。

>("彼等"には"誤報ではない"のか?

彼らには、誤報という概念がないのかもしれませんよぉ。
他に対する姿勢を自己にフィードバックできれば、いいんですけどね。
あそこはどうも、自浄も自省も自制もできない組織のようです。
by FD3S (2005-03-22 11:27) 

孫雅代氏

YAHOO!の掲示板では、投稿するとき

「韓国の真実」や「韓国の批判」に関するHPをのアドレスを記載すると、


注意: 利用規約をお読みください。利用規約またはガイドラインに抵触する投稿は禁止されています。
Yahoo! JAPAN ID(およびYahoo!メールアドレス)を削除する場合もございますのでご注意ください。


となり、投稿できなくなります。

YAHOOの言論統制は暴走し、なんと、佐賀県の公式HPを「ガイドラインに抵触」するものとして取り扱うようになりました。

佐賀県 こちら知事室です 記者会見
http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-9-28/shitsumon1.html  ← 有害HPと認定

皆さん、実際に試してみましょう。
http://post.messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=r&board=1143583&tid=a1zcdebbgeaflia1a1a1xa5ka5ea1bca59a32a33a1ya1z&sid=1143583&mid=16331
   ↑
YAHOO!掲示板 投稿サイト
by 孫雅代氏 (2006-11-05 20:19) 

YAHOO! の言論統制 国防問題

Yahoo!投票  
Q.外相による核論議容認発言をどう思いますか?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=204&wv=1& ;typeFlag=1

アンケート実施期間:2006年11月8日~ 2006年11月14日だったのが
最初は「問題ない」が1位だったのに「問題ある」が1位になったら
途端に、 実施期間:2006年11月8日~ 2006年11月10日に変更されて
受け付け打ち切られた!
 結果
1位 … 48% 問題ある 30141 票  2位 … 46% 問題ない 28747 票  3位 … 8% わからない 4793 票
 合計 : 63681 票

YAHOO投票・麻生外相発言是非の投票
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1163107166/l50

★ http://wiki.livedoor.jp/ahoo_question/d/FrontPage ★

韓国朝鮮の利益しか考えません
by YAHOO! の言論統制 国防問題 (2006-11-10 22:46) 

YAHOO! の言論統制 佐賀県庁からの返信

YAHOO! の 言論統制 について事実関係を伝えたところ、佐賀県庁から返事が届きました。
次の理由で、日本の為に、敢えて公開します。

怪しげな韓国人が、日本のマスコミ毎日新聞で力を得て日本を貶める世論誘導をし、
韓国人が幹部を独占するネット企業YAHOO!が、いかに日本の言論を支配しようとしているのか、
が白日の下にさらされたこと。


送信者: ●◎ ○■ <●◎-○■@pref.saga.lg.jp> 
宛先: ▲▲@▲.▲.ne.jp
件名: 県政へのご意見ありがとうございました
日時: 2006年11月10日 19:21:08

こんにちは。
佐賀県危機管理・広報課 報道・危機管理担当の●◎と申します。

このたびは県政へのご意見をいただきましてありがとうございました。

ご連絡いただいた「こちら知事室です」の9月28日の記者会見の質疑
応答のページについて、Yahoo!japan様に、Yahoo!掲示板への掲載を行え
ないように設定されているのか、また、掲載を規制されているとすれば、
その理由は何かという点について問い合わせてみました。

その結果、確かにYahoo!japan様の掲示板に掲載できないように、Yahoo!
japan様側で設定されているようです。

ただ、ご依頼の件につきましては、一般企業であるYahoo!japan様が運営
しているサイトであり、Yahoo!japan様の御判断で質疑応答のページのURL
へのリンクを規制されていることから、これを解除するように県から依頼
することは難しいと考えます。

なお、県HP「こちら知事室です」は、正常に運用していますので、これ
までどおり御覧いただけます。

今後も県政についてお気づきの点等ございましたら、ご意見をいただけれ
ば幸いです。
by YAHOO! の言論統制 佐賀県庁からの返信 (2006-11-12 10:41) 

YAHOO! の言論統制 一部解除

YAHOO! の言論統制 一部解除 投稿者:孫雅好 投稿日:11月13日(月)22時55分51秒
YAHOO!  言論統制 一部解除

★知事室トップページ:
http://www.saga-chiji.jp/
毎日記者 朴鐘珠の会見記事
http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-9-28/shitsumon1.htmlSpeak
Easy社会:
http://blog.livedoor.jp/manasan1/
極右評論:
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
全面的に規制は解除されたようです。
ヤフーは自らの行った愚行について、深く反省するように求めます。今後日本人の心を逆なでするようなことがないように望むものです。
ブロガーが団結すれば、このような事態をも改善して行くことが出来る。このことは今後の展開においては大きな自信となりました。
また、それも皆様のご支援のおかげです感謝申し上げます。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

★長月さんに教えていただきましたが、Yahoo掲示板の例の投稿制限が解除になっています。
  投稿1 投稿2
他のURLは未確認ですが、とりあえず改善されたということで、ご報告いたします。
    騒がないと駄目だ、というのが教訓でした。
    http://blog.livedoor.jp/manasan1/
by YAHOO! の言論統制 一部解除 (2006-11-14 07:28) 

NO NAME

Yahoo! の 言論統制  サンケイ参戦
http://zero-bouzu.iza.ne.jp/blog/entry/72829/
Yahooの言論統制・・・解除???

よ~めんブログ
 http://youmenipip.exblog.jp/
によれば、yahooが特定のブログへのリンクを規制していたのが、解除されたとのことだ。

 しかし、それはよーめんのブログで指摘されたリンクへの禁止が解けたに過ぎない。

 これ以外に妙なことをしている可能性がないといえるのだろうか?
by NO NAME (2006-11-18 22:33) 

SF

YAHOO!ジオシティーズ の 言論統制

http://f25.aaa.livedoor.jp/~zflag/

Yahoo!ジオシティーズに、理由もなく閉鎖させられたサイトのミラーとアーカイブ

大日本史番外編朝鮮の巻 ミラーサイト ダウンロード lzh圧縮(1.2MB)

もう黙ってはいられない ミラーサイト

Taurosのインターネット案内 ミラーサイト

在日コリアン 魂の(わがままな)叫び ミラーサイト

中共・朝鮮・左翼の歴史改竄 ミラーサイト
by SF (2006-11-19 21:52) 

tad

下記はYAHOO!の投稿規制にかかっています。
みなさん試しましょう。
週刊金曜日を守る、YAHOO!でした


(動画)あまりに下劣な週刊金曜日主催の「市民集会」 】
http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-1587.html

永六輔氏は「僕はあの日、車が渋滞して遅れ到着したんです。
だから、そのコント自体、見ても いないし、全然わからないですよ。

の永六輔は少なくとも、このコントの内容は知っているから嘘つき。
永六輔は、このコントに一緒に出てる(証拠写真↓)。

http://www.eonet.ne.jp/~pegasus21/2005_0718_182354.JPG

「御皇室」中傷芝居に憤激した!
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51213983.html

「皇室侮辱芝居」一考
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-221.html
by tad (2006-12-06 21:01) 

孫雅代氏57298

【コピペ】TBS窓際放送局社員の独り言 [マスコミ関係コピペ]  
TBS(=チョ●支配の朝鮮放送)窓際放送局社員の独り言
“ウチの局がこんなになってしまった経緯” をお話しましょう。
(1)1960年代~

テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題
(例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、
朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に 「お願い」
をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。
(2)1970年代~

政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が
社内で在日を積極登用。「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」 などと
理想論を述べたのは良かったが、結果を見れば昇進差別をしなかったのは甘い 日本人幹部だで、
課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。
(3)1980年代~90年代

昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、 決定的なポストを占める。
某サヨク週刊誌の在日編集長(筑紫哲也)をキャスターに迎えた ニュース23の番組が学生時代に
学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により 高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を「消費税反対キャンペーン」
で徹底的に援護。
宇野総理のスキャンダルを連日報道し社会党党首を徹底して 「おたかさん」と呼ぶなど、あからさまな社会党支持。
社会党が地すべり的な勝利。「山が動いた」と感動の報道。

(4)1990年代~2000年代
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、 報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。
ウチと同様に「左翼的」と呼ばれる朝日新聞、系列のテレビ朝日が、 どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多く、
その手法が良くも悪くも緻密で計算高い のに対して、ウチの場合、この時期に発生した数多くのトラブルは、
ほとんどすべてが 朝鮮半島絡み。
不祥事の内容も、テロを実行した朝鮮カルトの手伝いをしたオウム事件を筆頭に、 粗雑で行き当たりばったり。
バブル崩壊以降の景気低迷で、ただでさえ厳しい広告収入 が、 「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。
まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が 運営しているのがウチの放送局。
2005年以降は、もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が 為されると思う。
by 孫雅代氏57298 (2007-02-03 19:50) 

NO NAME

YAHOO!の言論統制、再び暴走
在日毎日新聞社の記者を擁護するために、福岡県の公式HPをリンク規制にしたソフトバンクYAHOO!
http://www.saga-chiji.jp/kaiken/06-9-28/shitsumon1.html
ネットで散々批判され、渋々リンク規制を解除した、YAHOO!
http://blog.livedoor.jp/manasan1/archives/50521625.html?1163330779

ほとぼりが冷めたら、今度は産経新聞の記事にリンク規制。

中国系団体「安倍首相、謝罪できないのか」
慰安婦決議案支持訴え米紙に広告
平成19年6月3日
産経新聞
http://candy.45.kg/view/anime2u/20070603_sankei_4.jpg
孫正義YAHOO!は、従軍慰安婦の真実は都合の悪い真実らしい。
さあ、皆さんも、YAHOO!掲示板で試してみよう。

 【ワシントン=古森義久】米国議会での慰安婦問題での日本糾弾決議案の推進でこれまで韓国系組織の背後に隠れた形だった中国系反日団体がついに表面に出てきた。同団体が自らの名を明記して米紙ニューヨーク・タイムズに日本を非難して同決議案の採択を訴える意見広告を載せた。

 ニューヨーク・タイムズ5月28日付は第19面の右下半分に米国下院に出ている慰安婦決議案への支持を訴える意見広告を掲載した。同広告は同紙3月6日付社説の「安倍首相は『日本軍の性的奴隷』のどこを理解できず、謝罪ができないのか」という記述を冒頭に載せ、 「何十万もの女性が性的奴隷へと強制徴用された」と非難した。

 さらに同広告は安倍晋三首相ら日本の指導者がその真実を無情にも否定したとして、マイク・ ホンダ議員が提案して共同提案者が129人となった、日本に明白な謝罪を求める「下院 決議案121」の採択を訴えた。

 同広告を掲載した具体的な当事者としては「世界抗日戦争史実維護連合会」(以下、抗日
連合会と略)の名がまず記され、そのウェブサイトのアドレスも大きく明記されていた。

 抗日連合会はカリフォルニア州に本部をおく世界規模の華僑、中国系住民の組織で中国政府とも密接なきずなを保つとされる。これまで悪名高い書の「レイプ・オブ・南京」の宣伝や「クリント・イーストウッド監督の南京映画制作」というデマ流布のほか、南京事件、731部隊、米軍元捕虜など一連の戦争関連案件で日本を攻撃し、謝罪や賠償を求めてきた。

 同連合会は2005年春には日本の国連安保理常任理事国入りに反対する署名を全世界的に 4200万人分集めたと言明し、中国各地での反日デモをあおった。さらに同連合会は日本の対日講和条約での賠償などを認めておらず、完全に反日といえる。

 同連合会はホンダ議員との結びつきがとくに緊密で、ホンダ氏がカリフォルニア州議員だった1999年には南京事件などで日本糾弾決議案を同連合会の幹部たちが同氏と共同で書いた ことや、ホンダ氏が連邦議会下院選挙で出た際は同幹部たちが政治献金を集中的に贈ったことが 明らかにされていた。

 しかし米国ではこれまで慰安婦決議案推進ではもっぱら「ワシントン慰安婦連合」という韓国系組織が前面に出て、中国系の世界抗日戦争史実維護連合会は背後に隠れた形となっていた。

 それが新聞広告に組織名を出すという格好で表面に登場してきたのは、同決議案の上程などが意外に難航し、組織をあげての宣伝工作が必要とみなされるようになったためともみられる。
by NO NAME (2007-06-03 18:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。